Ringside seat at PSH 2014 JFM (2)

a06

This is another report from Nance:

Straight from the heart

I have wondered, as have many, why PSH is doing a fan meeting in Japan, followed very quickly by fan meetings in China and then finally Nagoya.  For Japan, it is obvious.  He has been away from this important market for so long and it was time for him to make a comeback.  But why China, when he has just done 6 cities with “Scent”.  Why the hurry?  The murmers have been it is just too soon, too much overkill in China, fans will be exhausted etc. etc.

After watching “Love and Forever” in Yokohama, I now think I understand much better.  Read the lyrics of his new song [ED: lyrics unavailable.]  And when you see and hear him sing, especially this song, you feel all of his emotions coming straight from his heart.

Sihoo-ssi’s song is one of thanks, to all of his fans, for giving him the strength from their love and support so that he could overcome the most tumultuous period of his life.  This, I believe, is the driver for him to hold fan meetings in Japan and China this year.

My gut says Sihoo-ssi will be in a new project soon.  And before any announcement is made, and for him to move on, he saw the need to say what is in his innermost heart.

Love and Forever, coming straight from Park Sihoo’s heart!

(Credits: Photo from Mentor.  Thanks!)

PSH 2014 JFM according to Mary

We were at the 2014 PSH Japan Fan Meeting, but we didn’t understand Japanese or Korean (which, incidentally, did not in the least prevent us from enjoying the show.)  Fortunately PSH4U member Mary has kindly translated what she could remember about what PSH said in the part when he sang his new song (which is “Love” in the CD.)

nagoya03

So, according to Mary:

PSH said, “I really wanted to send a message to you.
At first, I thought of writing a letter to you,
And then I finally decided to convey my message in this song.”

The song is 「君を」and the MC said the “You” in the title are his fans (which elicited tremendous applause.)

This is PSH’s THANK YOU message to his fans who have been unfailingly faithful in waiting for him all this time.

PSH said, “I have been wanting to see you for a long time.
Today we will create a good memory together.
I will do my best.
Please support me.
I love you all.
Thank you.”

He said, “I love you. Thank you.” in Japanese.

Japanese fans said, “SARANGHEYO” [I love you] in Korean.

The MC said, “His fans practiced singing this song as a surprise present for Mr. PSH, his fans whose support for him has been unwavering.”

See Youtube: http://youtu.be/N9aiWmbpec8

Partial lyrics:

The long painful way,
The storm of blame,
It rained coldly,
………..???
I am here today because of your great love and support for me.
The shine of the sun came from the other side to me.
………..???
Forever I will support you this time.
………..???

Mary could only remember a few lines, but said she was so moved by the words in the song that she couldn’t stop her tears from rolling down.

We will try to translate the lyrics when we can get hold of them.  Because Japanese has a lot of Chinese words, we could guess what the song was about — after the storm comes the calm and the sunshine (there are words like “wind” and “rain” and “sunshine”, etc.)  PSH was trying to tell us he has weathered the storm and transcended his pain (with the love and support of his fans) and his days are now full of sunshine.

(Credits: video from Twitter. Thanks!)

Japan media report on PSH JFM (3)

Looks like there was more than one Japanese medium interviewing PSH in between the 2 Japan Fan Meetings at the Pacifico Yokohama on September 28, 2014.  Photos here are stamped with http://hot-korea.com.

Title of this article: “Park Si Hoo press conference in Yokohama”

[速報]パク・シフ来日記者会見@パシフィコ横浜

news05

パク・シフ来日記者会見を取材
概要
開催 2014年9月28日
会場 パシフィコ横浜 国立大ホール
登壇 パク・シフ MC:JONTE

news04

news04

http://hot-korea.com/kpop/report.php?id=20140925

(Credits: http://hot-korea.com. Thanks!)

Japan media report on PSH JFM (2)

JFM140928int1This is the long version of the report/interview in the Japanese media on PSH’s JFM yesterday:

Title of article:

Park Si Hoo moved by fans’ unchanging support!  Japan press conference report and photos in 2 years!

パク・シフ、変わらぬファンの想いに感激!2年ぶり来日記者会見再現レポと写真!

2014.09.29

9月28日(日)、横浜パシフィコにて「王女の男」「清潭洞<チョンダムドン>アリス」、映画『香り』などの作品で人気の韓国人俳優パク・シフのファンミーティング『秋風に乗って…再会~LOVE & FOREVER~』第2章が開催され、昼公演と夜公演の間に記者会見が行われた!記者会見を取材したので写真と一緒に再現レポでご案内、公式サイトには本人からのコメント動画が公開されている。

JFM140928int2

はその場の雰囲気や記者の感想など。本人がしゃべった日本語は下線。

【記者会見レポ】 ≫ 【会見写真】 ≫ 【ファンミレポ】(準備中)

当日の司会は歌手JONTE(ジョンテ)。司会者の呼び込みで登場したのは、ドラマでよく見る高級スーツを着こなした洗練された俳優パク・シフではなく、柔らかい髪に帽子乗せ、2色使いのカットソーをカジュアルに着こなした少年のようなパク・シフ(36歳)。ドラマや映画でみるよりずっと若々しく、少年のようでさえある。
記者会見では、初めに、司会者からの代表質問があり、その後、取材記者からの質問、そしてフォトセッションという段取り。パク・シフは、昼公演を終えて少しほっとしたのか、どんな質問にも笑顔を絶やさず、表情豊かに答えてくれた。では、レポートスタート!

JFM140928int3

【記者会見】
司会:本日司会を務めさせていただきます。JONTEと申します。普段、日本で歌手として活動させていただいておりますが、日韓のかけはしになるということで、今回は歌手ではなく、司会者JONTEとして務めさせていただきます。
では、パク・シフさんをお迎えします。(拍手)

パク・シフ(以下、シフ):こんにちは。皆さんこんにちは。パク・シフです。お目にかかれてうれしいです。今日はこのように取材に来てくださいましてありがとうございます。よろしくお願いします。改めてファンミーティングのステージに帰って来たようです。(笑)(昼公演が終わったばかりですからね。会場も若干スモークが残っている)

JFM140928int4

司会:昨日到着されて、空港にたくさんのファンの方がお出迎えしてくれたそうですが…。
シフ:多くの方が出迎えてくださり、はじめてのファンミーティングのことが思い出されてとても感慨深く感じました。変わらず応援してくださるファンの皆さんの姿に大きく感動しました。
司会:日本のファンの熱は(初めてのファンミと比べて)どうでしたか?
シフ:親しぶりのせいか、ファンの皆さんの熱気がより熱く感じられました。(笑)

司会:昼のファンミを終えた今の感想は?
シフ:実は心残りがたくさんあります。ところどころミスもありました。もっと十分時間があれば、もっと素敵な姿をファンの皆さんにお見せできたのにな、と少し心残りがあります。(いえいえ、ファンはドラマと違って“ありのままのシフさん”が見たいから、充分ですよ)でも、大勢のファンの皆さんに応援していただき、僕にとってもとても楽しい思い出になりました。ありがとうございます。

JFM140928int5

司会:11月5日に名古屋でのファンミーティングが決まりました。今回のファンミとは内容は違ったりしますか?
シフ:この公演の追加公演として決まりましたので、フィナーレということで、さほど大きな違いはないかと思います。(正直ですね、笑)
司会:何かしてみたいことは?
シフ:やり残したことは、二部の(夜)公演でしっかりやりたいと思います。(ここで、しっかり言い切ったのに…夜の公演レポをお楽しみに)そして、名古屋ではもっと完璧な姿でファンの皆さんにお会いしたいと思います。 

司会:ではここからは記者の皆さんからの質問タイムです。

記者1:韓国でも活動再開をファンの方が喜んでいるでしょうが、それについての意気込み、考えていることを教えてください。
シフ:現在、作品を検討中です。なので、近いうちに良い作品でお目にかかれるかと思います。
記者1:具体的な話は?
シフ:(飛び切りの笑顔で)秘密です。(笑)

記者2:久しぶりの来日で楽しみにしていることと、やりたいことを教えてください。
シフ:日本には今年の春にも来ました。都市よりも地方や田舎での温泉巡りが好きです。今春は、温泉にも入ってご馳走も食べました。今回も、余裕があれば景色のよいところを旅したいです。温泉も好きですし、日本には美味しい食べ物がたくさんありますね。ですから、ご馳走をたべて癒されたいと思います。

JFM140928int6

記者3:シフさんが韓国でお休みされている間に、日本では『殺人の告白』の公開とDVDリリース、「清潭洞<チョンダムドン>アリス」の放送とDVDも発売されるなど、とても人気がありました。そのことについて感想は?(『殺人の告白』は筆者オススメ映画。詳しい見どころ⇒視聴レポ)
シフ:とてもありがたいと感じていました。ファンの皆さんの変わらぬ愛情に感動もしました。そうした意味も込めて、変わらず応援してくださる皆さんに僕も変わらない姿をお見せしたいと思って今回のファンミーティングの場を設けたともいえます。

記者4:昼の部では、ダンスや歌を歌ったようですが、どれくらい練習しましたか?普段、どんな歌が好きで聞いていますか?
シフ:準備期間が長く取れなくて、1か月ほどでした。そうしたこともあって、昼公演では至らないところもあり、心残りもありましたが、夜公演では、至らなかった点を補ってもっと素敵なステージをお見せしたいと思っています。(ここでも固く心に誓ったのに…笑)
最近、よく聞く歌については、(大笑)公演に向けての歌の練習に明け暮れ、他の曲を全く聞いていません。

司会:では、最後に、ファンミーティングへの意気込みと、日本のファンへメッセージを。
シフ:1部(昼)のファンミーティングに来て下さったファンの皆さん、そして日本のファンの皆さん、変わらずに応援してくださっている皆さんの姿に本当に感動しました。これからもっと、ファンの皆さんの期待に応えられるように、がっかりさせないように、しっかりと準備をして頑張っていきたいと思っていますので、これからも応援よろしくお願いします。ありがとうございます。ありがとうございます。

JFM140928int7

 

【フォトセッション】
まずは、パク・シフとJONTEとツーショットで。続いて、パク・シフ一人でのフォトセッション。たくさんのカメラに向かって自らいろいろなポーズをとってくれた。
丁寧なお辞儀をし、拍手に見送られて退場。

※映画『香り』について
俳優パク・シフ初の中国映画主演作。パク・シフと中国女優チェン・ランが共演するラブストーリーで、パク・シフは劇中、韓国人デザイナーのカン・インジュン役を演じた。「2014年最も見たい8月公開の映画」投票で1位を記録。8月に中国内の3800ヶ所の映画館で同時公開された。パク・シフはOSTにも参加しており、主題歌「君が来る音」を韓国語と中国語で歌い、大ヒット。

■取材を終えて
どうやらパク・シフは相当照れ屋さんのようだ。トップスターでありながら、たくさんのカメラに照れたのか、自らいろいろなポーズで照れ隠ししているようでもあった。色白のすべすべのお肌に、カジュアルな装いが少年のよう。
当日は、会場ホールで写真展も開催していた。写真展では、シックなスーツ姿や、セクシーショットなど、ドラマやスクリーンで見る“大人なパク・シフの魅力”で多くのファンの目を蕩かしていた。中には、パク・シフの右鎖骨あたりにあるホクロを確認してにんまりするファンも…。

JFM140928int8

(Source: http://navicon.jp/news/25760/)

(Credits: http://navicon.jp. Thanks!)

Even if I’m not by your side

3667269308_028

MV created by a Chinese fan (即使不在身边) – Many thanks!

We’ve always had a soft spot for PSH’s 2007 drama “How to meet a perfect neighbor”, even though his acting had not yet reached the depth and breadth that he can command now.  (And even though we still don’t know what the title has to do with the drama.)   His Yoo Joon Suk with his frailty, his pain, his melancholy (those sad eyes!) tugs at our heartstrings.

YOUKU

http://v.youku.com/v_show/id_XNzg2MDkzNDc2.html

^^

(Credits: Ranrann_@youku.com; http://gall.dcinside.com. Thanks!)

Japan media report on PSH JFM (1)

This is the initial report from the interview mentioned in Hoo Factory Facebook of September 28, 2014.  Detailed interview to follow.

Article: “Breaking news” on Park Si Hoo press conference! Moved by first visit to Japan for fan meeting two years!

「速報」パク・シフ記者会見に登壇!2年ぶりのファンミーティングでの来日に感激!

2014.09.28

news01

パシフィコ横浜 国立大ホールで2014年9月28日(日)、2年ぶりに日本でファンミーティングを開催したパク・シフ。

昼・夜2回公演の間に、多くの報道陣が待つ中、日本で活躍中のJONTEを司会に迎え、記者会見が行われた。

news02

「アンニョンハセヨ!」と、手を振りながら登場したパク・シフは、ダークカラーのセーターで、季節を先取りした装い。カメラマンのフラッシュに、笑顔で応えた。

昨日、日本に到着した際は、多くのファンが空港でお出迎え。「初めての日本でのファンミーティングの時を思い出しましたね。変わらず応援してくださるファンの方々に、感動しました。久しぶりのせいか、ファンの皆さんの熱気が、より熱く感じられました」と、うれしそうな表情に。

news06

ファンミーティングでの来日は2年ぶりだが、実は今年の春にも日本を訪れていたというエピソードを披露。「温泉に行っておいしいものを食べました。今回もおいしいものを食べて、癒されたいですね」と語った。

午後1時から行なわれた1回目の公演は、久しぶりのステージに緊張したのか、「心残りがたくさんあります」とパク・シフ。「夜の公演では、より良い姿を見せたいです」と、意気込みを見せた。

詳しいレポートは後日掲載致します。

2014年9 月 28日 PM 22:13 配信 (C) korepoニュース

(Source: http://korepo.com/archives/59187)

(Credits: http://korepo.com. Thanks!)

Ringside seat at PSH 2014 JFM (1)

This report is by Nance.

Scintillat​ing Sihoo!

Without doubt, and as what Hoo Factory touted it to be in their Facebook and Twitter postings, Sihoo’s Japan Fan Meeting is indeed scintillating.  And we have only just watched Chapter 1 – Love.

nance-jfm02

That sensational Japan comeback started early in the morning, barely 9 a.m. with a long, snaking line of fans waiting just to get in the hall of the National Convention Centre in Yokohama.  All 5000 fans and every seat filled for this afternoon’s show!  Thank you Japanese fans and fans from other countries who came to witness this significant milestone in Sihoo’s career.

No photos allowed unfortunately on site, so you won’t get a glimpse of what happened indoors.  But take our word for it, it was truly scintillating…and if you missed today, you’d better book your tickets to the Chinese Fan Meetings in Beijing or Shanghai in October or the Japan Nagoya leg in November!

Even if your don’t know Japanese or Korean (like today) or even Chinese for CFM, PSH is universal language in himself.  You will love every scintillating, juicy bit of PSH and of course, his singing, dancing and more!

Be wowed and Love PSH Forever!

nance-jfm03

The yellow flowers on the left are ours

(Credits: All photos by Nance – Thanks!)